Gorgeous-Selection

Life is change.Growth is optional.Choose wisely.

日本 からシドニー への 観光再開

f:id:selection3:20211218221757j:image

情報最終更新日:2022年5月17日(火)

祝!!2021年12月15日から(旧:2021年12月1日から) シドニー メルボルン キャンベラへの観光がオーストラリア入国後の隔離なしで再開されましたね

日本国籍で日本が出発地なら 観光の方やビジネス出張の方 ワーホリの方や留学の方も入国可能になりました

2022年3月1日からは オーストラリアは日本から旅行できる国の1つに!!

 

2022年2月24日までの状況:しかし一筋縄では行かない数々の諸条件...旅行で来る場合 お仕事をされている方ですと

以下の①〜⑥のポイントをクリアした方になりそうなので

事実上 みんなでオーストラリアに行くぞー!という感じではないかもしれません

 

隔離なしで シドニー に 入国 するなら

感染者増により 日本からの入国でも1)の義務あり(廃止:2)〜5)の義務あり(罰金制度あり)

1)ワクチン完全接種者であれば空港から自宅または宿泊先に直接向かい

RAT検査(抗原検査)を到着後24時間以内に行い その陰性結果を受領後自由行動可

(RAT検査は無症状感染者からはウイルス検出が難しいですが)

ちなみに抗原検査は医療機関でなく 自身で購入した抗原検査です 街の薬局に大抵あります

https://www.health.nsw.gov.au/Infectious/factsheets/Pages/recent-vaccinated-arrivals-guidelines.aspx

(廃止:入国時72時間は空港から直接 家族もしくは滞在先に向かい自主隔離廃止:2021年12月21日から到着後PCR陰性結果が出たら自由行動可)

(廃止: 2)到着後24時間以内にPCRを受けに行く(無料 予約不要))

廃止:到着時にコロナの諸症状を感じている方対象

(廃止:到着したら最短でPCRをドライブスルーで受けたい方は空港の駐車場で受けれることになりましたよ!)

f:id:selection3:20211219094246j:image

▪️場所 到着ロビーから お迎えが来ている人がよく利用するExpress Pick upという15分間無料駐車場横

▪️費用 無料

▪️備考 一度お迎えの方の車に乗る→駐車場を出る→駐車場周りをもう1周→PCR用のレーンに入れます

 

▪️PCR検査場の探し方

日本への入国用PCRの検体採取も検索フィルターでtravel for Japanにチェックを入れば可能な場所が分かります(シドニーPCRについては別記事にてお知らせ致しております)

https://www.dhm.com.au/locations/

オーストラリアは抗原検査キットがコロナの検査手段として第一に考えられ、それで陽性ならService NSWのアプリに登録する仕組みになっています

その為 現在は運営時間が8:00-13:00になっているところがほとんどです

疑わしい症状があるが 抗原検査を何回かやっても陰性だった場合など さらに上記の場所でPCRも無料で受けられます

 

追加情報

もし陽性だったら...(日本語で書いてあります)

https://www.health.nsw.gov.au/Infectious/covid-19/Documents/translated/confirmed-cases-japanese.pdf

上記を参考に対応してみて下さい

 

(廃止: 3)陰性の連絡が来たら72時間後は自由(陰性証明は持ち歩くこと))

(廃止:4))到着後6日目にまたRAT検査をする(旧:PCR検査を受けに行く(無料 /予約不要))

(廃止: 5)到着後12日目にもPCRを推奨(無料 予約不要)※滞在先家族、メンバーはワクチン2回接種済なら行動制限なし)

※詳細はこちらを参照下さい

https://www.nsw.gov.au/covid-19/travel-restrictions/international-travel-rules#toc-get-tested

 

①ワクチン完全接種済(ファイザー、モデルナなら2回接種の意味)

ただし未接種の17歳以下の人は接種済の人と一緒なら大丈夫

 

ETAという観光ビザを取得(有効期間:3ヶ月以内)

Australian ETA とお手持ちのスマホで検索し、ダウンロードして下さい

パスポートの顔写真ページをスマホでスキャン

滞在先住所や連絡先等を入力すれば パスポートの顔写真つきビザがあっと言う間にアプリに出来あがり

費用:20AUD(カード決済)

 

③航空券に合わせた職場の休みが取れる

ANA JAL→2022.3月往復8万円台 〜

(2021年12月までは便数が限られている中往復約15万〜20万円)

カンタス →2021年12月19日から運行再開

 

廃止:④日本→オーストラリア

出発72時間以内のPCRか出発24時間以内の抗原検査の陰性証明書

(旧:日本→オーストラリア用PCR陰性証明)

搭乗する飛行機の出発予定時刻3日以内/乗り継ぎ便の場合は最初の飛行機が基準

no more than 3 days before the scheduled departure time of your flight (or your first flight, if you have one or more connecting flights booked for your travel to Australia).

費用 : 15,000円〜30,000円前後(航空会社経由で申し込むのがお得なプライスになるようです)

追加情報:抗原検査もO.Kになったので費用抑えられますね

 

追加情報:

2022年4月18日到着から オーストラリア入国条件の出発72時間前までのPCR陰性証明書の提示が廃止されます

https://www.health.gov.au/ministers/the-hon-greg-hunt-mp/media/australias-biosecurity-emergency-pandemic-measures-to-end

 

実際に利用した病院 : 神田北口診療所

こちらの医療機関はいつもの身近なキチンとした病院が、旅行用PCRも始めました という点が最大の安心ポイント

 

追加情報:

実際に利用した病院 : ちびっこの科学と遊び株式会社

f:id:selection3:20220402132815j:image

こちらはあの倉持 仁先生が運営されているので 安心です 先生のコロナ対策が随所に施された浜松町の検体採取場でした 地下鉄大門駅を降りて2分 JR浜松町駅からも近いです

土日も利用可能です

検査費5500円 英文陰性証明2000円

 

具体的に認められる内容としては

【OK】

咽頭ぬぐい液によるPCR と 唾液採取によるPCRのどちらも認められます

respiratory sample or saliva 

・陰性証明はできれば英語で(←と言われても念には念をと英語表記で用意しますよね...)

追加情報:結局日本出国時の空港カウンターでしか確認しないんですよね...

The following information must be in your test result record. If possible, this should be in English.

陰性証明書:紙媒体 と デジタル のどちらも可

・陰性証明明記必須5項目※医療機関指定なし

以下の5項目が書いてあれば大丈夫です

1.旅行者氏名

traveller name

2.誕生日

date of birth (もし誕生日不明の方は検査日の年齢やパスポート番号でもO.Kです:age at time of test or passport number accepted, if date of birth not listed)
3.判定結果

the test result (such as ‘negative’ or ‘not detected’)
4.検査方法

・the test method used, for example, COVID-19 (or SARS-CoV-2) PCR test

・追加情報:抗原検査(出発24時間以内)の時はテストキットの製品名

5.検体採取日 

the date of collection for the COVID-19 PCR test

PCRは72時間以内の日時

抗原検査は24時間以内の日時

 

【NG】

・OKに変更→「迅速抗原検査」Rapid Antigen Tests (RATs)

・NGのまま「抗体検査」serology tests 

過去にコロナに罹患したか否かを判定する検査

 

⑤オーストラリア入国の少なくとも72時間前までにAustralia DPD (旧:ATD)と言われる申請を完成させる必要あり

(廃止:Before you travel to Australia, you should complete the Australia Travel Declaration (ATD) at least 72 hours before your departure for Australia.)

・費用:無料

・方法:Australia DPD アプリ or web から

(廃止:Australia Travel Declarationのアプリかweb)からここに少なくとも72時間より前と書かれているので、忘れないうちにアカウントを作って入力しておこう と思うものですが、アカウント自体はいつでも作れますが、フライト情報は出発日の7日前からしか入力できません

更新変更:オーストラリア入国時の陰性証明不要です

(以下は以前の状況:またアプリ内の3項目にある Health infomation はオーストラリア出発する72時間からようやく登録箇所が開く仕組みになっています

ここに、72時間前以内の陰性証明の添付やオーストラリアで受けたワクチンの証明に値するQRコードを登録することができます)

f:id:selection3:20220331214718j:image

(廃止:ATDの時の内容の為、以下は仕様変更により今はありません↓

フライト情報や隔離期間の必要の有無やワクチン接種状況などを入力し、送信すると、完了メールが届きます(届かない時は「迷惑メール」を確認)

そのメールの色は3種類あり、色により隔離に対しての案内が違います

緑色 →隔離なし か 自宅隔離の事前承認

青色 →(砂時計マーク付き)到着時隔離要

赤色 →(✖️マーク付き)航空会社が搭乗可否を判断し、もし「搭乗可」となった場合は到着後隔離要)

 

⑥オーストラリア→日本用PCRの陰性証明書

条件:

72時間以内に検体採取

咽頭ぬぐい液でのPCRに限る

厚生労働省の書式に記入してもらい紙媒体にて提示

費用:145AUD〜300AUD

※こちらの陰性証明書取得方法については別記事にてup予定

 

廃止:⑦ハイヤーやレンタカー、家族等のお迎えで自宅まで帰宅出来る方

例)ハイヤー 羽田空港→東京23区12000円〜

 

⑧2022年3月1日日本到着より

日本の空港での検査にて陰性結果取得→24時間以内に好きな方法でご自身の隔離先に移動→7日間自宅待機 ただし、隔離3日目にPCRか抗原検査を政府指定の病院で行い、陰性結果を申請すればその日で隔離終了

 

木下グループPCR 1900円(内閣府アンケートに答えれば割引あり)を受け、結果出てすぐMy SOSに陰性証明の画像をアップすれば、約2時間後に待機解除の通知が来ます

PCRか抗原検査で4日目以降の隔離免除と書かれていた為、すぐ結果が出る抗原検査を選びましたが、いざ結果をアプリに登録したところ、抗原検査にも色々あるらしく、木下グループの抗原検査は対象外でした

↑抗原検査の詳細(種類)については言及が無かった中での体験談です

※4月末に改めて確認したところ、アップデートされ 一部の認められた木下グループの店舗のみ抗原定量検査を実施しており それなら大丈夫です

「クイック」というのがそれに当たるそうです

当日窓口で、抗原定量検査ですよね?と確認してみると安心ですね

 

ワクチン3回目を受けた方

隔離なし

 

更新情報:

2022年3月1日(火)よりデジタル庁ホームページから、入国時の必要な書類や申請が全て完了するようになりました!!!

↑残念ながら、これは入国時に提出する全ての書類の代わりにはなりませんでした 税関申請時のみ役に立ちました( 2022年3月初旬)

Visit Japan Web サービス

https://www.visitjapan.digital.go.jp/Web/

 

ファストトラック が入国時に役に立ちます!

http://www.hco.mhlw.go.jp/fasttrack

 

廃止情報:オーストラリア→日本へは、12月24日より到着日翌日からカウントして最初の3日間(旧:3日間→6日間→12/23)は強制隔離+14日目までの自宅もしくはホテル隔離(旧:日本帰国時14日間待機可能な方)

つまり在宅勤務可能な方などになりますよね/自主的PCRを受ければ10日間に短縮は中止(旧:自主的PCRを受ければ10日間)

f:id:selection3:20211126190918j:image

航空運賃も安くなり、待機期間も移動手段も陰性証明取得も安くなり、オーストラリアにきて楽しめる時期になりました

2022年2月中までの状況:費用も手間もかなりかかる為 留学やワーキングホリデーやビジネス出張がメインになってくるかとは思いますが この時代においては大きな前進だと思いますので 是非ご参考頂き 卒業旅行や久々の海外旅行を計画されてみてください

f:id:selection3:20211126201633j:image

もうシドニーはコロナ終わっています

感染者はいますが、自分で購入した抗原検査で陽性になったら7日間自宅等待機のみです

抗原検査キットは薬局ならどこでも買えます

マスク着用は空港、公共交通機関とそれを利用する為の待合所、医療機関、高齢者施設など

スーパーでは義務は無くなりましたが 半分くらいの方はつけていますね

(廃止:飲食店従業員などです)

最新情報

f:id:selection3:20220402131743j:image2022年3月末 随分増えましたね

f:id:selection3:20220228202340j:image2022年2月末

3回目接種は希望者は誰でも受けられますが 義務化となっている医療関係者、警察、消防、ハイリスクな方と関わる仕事の方、教育関係者と高齢者が占めているようです

追加情報:2022年4月26日の情報

ワクチンの追加接種について

f:id:selection3:20220517103416j:image

入店時のQRコードチェックイン終了しました

なるべく屋外飲食をお薦め致しますが、世界から(中国、NZを除く)観光にいらしている方が2022年2月25日以降は少しずつ増えているので、来るなら今かもしれない気がしています

しかし問題は天候...

2021年10月以降は ほぼ雨か曇りの日が多く シドニーで綺麗な青空に会えた人は、かなりラッキーなほうとなります

更新情報:2022年5月17日

長く居座ったエルニーニョが終わり晴れの日が多く、まだ日中は半袖や薄手の長袖で過ごせます

夜はカーディガンや薄手のセーターやパーカー、ジャケットがあると快適に過ごせます

f:id:selection3:20220517162704j:image

ボンダイビーチまだ泳げます!

 

オーストラリア入国後 パースなどは晴天率が高いので移動して楽しむ方は安心ですね

天気は安定していなくても シドニーでも晴れ間晴れ間で楽しむことはできるので 混まない今はある意味穴場ですから 久々の海外旅行に是非検討してみて下さい

f:id:selection3:20220228094030j:image

↑2022年2月25日(金)18:00

バランガルーでクルーズパーティに向かう高校生達

f:id:selection3:20220228201003j:image
f:id:selection3:20220228200959j:image

f:id:selection3:20220228201105j:image

↑2022年2月28日(月)

セメスター1が始まったシドニー大学 

ほとんどの学生さんは屋外でもマスク着用されていました

今大学に掲げられいる旗は マルディグラの象徴のレインボー!

44th Sydney Gay and Lesbian Mardi Gras:

https://www.mardigras.org.au/events/parade

 

以下小さい文字で表記したものは2022年1月くらいまでの情報:

最後にシドニーはコロナ大丈夫なの?と思われている方にお伝えできる肌感覚としては

シドニーの繁華街やウォーターフロントで肩が触れ合う程に混む場所がむしろ見つからない(

クラブなどを除く←12/12段階として追記:クルーズパーティ、クルーズ内クラブのノーマスクでの参加により感染者増えてます。バックパッカーホステルは感染者により丸ごとロックダウンされています)

・飲食店にはテラス席がある または 増設されている

・オフィスに人が戻りきっていないので 繁華街もコロナ以前の60%ほど

・比較的慎重な国民性のため マスク着用のかたが予想より多い

(まわりに人がいなければ、マスクをはずして シドニーの空気感を感じてくださいね アジア人がはずしてる なんていうこと思う人もいませんし マスク警察もいません)

・ソーシャルディスタンスを保つ感覚が身についている 

・ワクチン2回目接種率が92%以上...(12歳から15歳も接種が増えています...高齢者や早く接種した方々のブースターが始まっています...

f:id:selection3:20211126191343j:image

今は全ての屋内ではマスク着用必須

乗り物もマスク着用必須

という全てを総合して 安心して暮らしています

f:id:selection3:20211126194951j:image

日本がこの時代に驚くほどよい状況になっていて本当に良かったです!!

f:id:selection3:20211126194850j:image

 

英語表記の部分はこちらの2つのwebより抜粋

https://www.health.gov.au/news/health-alerts/novel-coronavirus-2019-ncov-health-alert/coronavirus-covid-19-travel-and-restrictions/international-travel-and-covid-19/coronavirus-covid-19-faqs-international-travellers-to-australia#travelling-to-australia

 

https://covid19.homeaffairs.gov.au/australia-travel-declaration

 

オーストラリアが入国時に認めているワクチン

シドニー日本国領事館のメールより抜粋

2回接種
アストラゼネカ(AstraZeneca Vaxzevria)
アストラゼネカ・コビシールド(AstraZeneca Covishield)
ファイザー(Pfizer/Biontech Comirnaty)
モデルナ(Moderna Spikevax)
シノバック(Sinovac Coronavac)
コヴァクシン(Bharat Biotech Covaxin)
シノファーム(Sinopharm BBIBP-CorV)

1回接種
ジョンソン&ジョンソン(Johnson&Johnson /Janssen-CilagCOVID)