Gorgeous-Selection

Life is change.Growth is optional.Choose wisely.

ELEVATE SYDNEY 2022

今日は 2022年1月4日火曜日

本日のシドニーは 在宅勤務が推奨されているからか まだスクールホリデー中なので職場に人が戻らないからか 連日ようやくシドニーらしい夏日が続いていますが シティのあたりは静かです

開催終了まであと2日!!!

※チケット販売は5日の分まで

※最終日の6日は13:30からカーテンコールやディスコ開催

 

お時間ある方は是非覗いて欲しいイベントがありますので 今回はそちらのご紹介です

f:id:selection3:20220104192225j:image
f:id:selection3:20220104192229j:image
f:id:selection3:20220104192222j:image

オリンピック開会式等でも話題になったドローンを使ったショーを実際に観ることができるチャンスです

しかも無料!!

0円だけど チケットを買って普段は入れないエリアでフェスティバルを楽しむことも出来ます

 

▪️無料でチケットなし

22時から約8分間サーキュラーキーを中心に観覧可能

▪️0円でチケットを購入して観覧

ドローンのショーを見るなら夜7時からのチケットを購入

Ticketmaster Elevate Sydneyで検索してみて!

行きたい日前日にsold outでも 当日見るとチケットが増えたのか 購入できたりもします

ただし...チケットありの会場へはワクチン接種証明書が必要です...

 光の粒がふわっ〜っと舞い上がり とっても素敵です

もし時間がある方は、3部に分かれた日中の時間もイベントはやってますよ

人も制限されていて少なめ かつフードもドリンクもたくさん販売 そして時間に合わせた催し物が楽しい気分にさせてくれます

f:id:selection3:20220104193543j:image
f:id:selection3:20220104193539j:image

タップで踊る4人はまるで昔の映画シーンみたい

f:id:selection3:20220104193856j:image

この0円チケット会場どこだろう?!と思いますよね

通常は車が常時通る サーキュラーキー駅真上をはしるCahill Expressway ←シドニーで1番最初に出来たハイウェイ

f:id:selection3:20220104194652j:image

会場へのアクセスは、NSW州立図書館道路向かい側あたりに行ってみて下さい

たくさん笑顔で誘導するスタッフさんたちが見えます

f:id:selection3:20220104195557j:image

f:id:selection3:20220104194655j:image
行かないなんてもったいない

f:id:selection3:20220104200208j:image

サリーヒルズの人気カフェのフードトラックも来ていて アルコールも囲いの中ではなく会場どこでも楽しみながら観覧できるのでとってもおすすめです

f:id:selection3:20220104194912j:image

Bar POSITANO のアイス シドニー1じゃないかな!? と思うくらいに美味しいですよ ピスタチオ はマストです どのメニューもほんとうに美味しくて最高〜

しかも 安心の no mask 調理 対応なし 

今年のプログラムはこちらから↓

https://discover.ticketmaster.com.au/music/elevate-sydney-15451

混み合わずに色々楽しめるので是非行ってみてくださいね

 

 

⭐︎Sky Show(ドローンアート)の中のシンボル補足情報

今回はアボリジナルにまつわる部分から入った構成でしたね

各シンボルを英語に続いてアボリジナルワードで言っていました

その中に魚のシンボルがありましたね

fish = maugro(ムグロー)

当時の入植者によると 1780年代のアボリジナルの方々は 魚は主に鯛とボラの2種を食べていたそう

観察する限りではエイやサメを食べている様子は無かったそうです

 

 

 

 

 

シドニー で 日本入国用陰性証明書 の取り方

色々な会社、やり方がありますが、実際に利用して安心しておすすめできる方法をご紹介致します

 

現在、日本入国に際し シドニー → 日本 への飛行機出発時刻72時間前までに検体採取から陰性結果の受領が必要ですよね


こちらについてANA便を例に 時系列にご案内していきます

12月24日 21:35 NH880で日本に帰国するとします

3日前の同時刻は

・12月21日 21:35

そんな時間に検体採取してくれる場所はないので

・12月22日 7:30 がの検体採取の最短日時

まず検体採取に行く日が決まったら

 

海外渡航PCR申込み をしましょう

■Sonic Travel Testing 

COVID-19 testing for travel↓

https://dhm-order.sonictraveltesting.com.au/

サイト内の order now をタッチ

あとは赤星マークの付く必要事項を入力

f:id:selection3:20211228184903j:image

※携帯電話番号が受付時より何度となく必要になるので ご自身の番号を使用するか 家族や友達の番号を借りるなら そばにいてもらいましょう

f:id:selection3:20211228142839j:image

カード決済で145ドル支払います

f:id:selection3:20211228143313j:image

すると最後にこのような画面が出て、下の方にPCRのリクエストフォームやタックスインボイスを開くには誕生日がパスワードになるよ と書いてあります

パスワードとして誕生日を入力する時は

2021年12月24日生まれなら

24/12/2021

のように / ←もいれて入力します

f:id:selection3:20211228190743j:image

さらにタックスインボイスには検査結果PDFを開く時に必要な4桁の暗証番号が書かれています

f:id:selection3:20211228190806j:image

こちらのサイトで申込むと 145ドルで

・検体採取

・検査

・英語の陰性証明PDF(日本入国に必要な事項完全版)

厚生労働省の所定フォーマットの陰性証明書PDF

の全ての必要な検査や書類が手に入ります

 

PDFを印刷しましょう

最初の印刷作業は1つ

リクエストフォーム 

リクエスト フォーム はPDFをUSBに入れ セルフプリントするか

Officeworksのプリント用対面カウンターにいき パスワードロックがかかっている書類を印刷したい と相談してください

※ PrintMe経由ではパスワードロックのせいでセルフプリントができない為

印刷したPDFは検体採取日当日持参しましょう

スマホでPDFが見れるようにしていても良いと書かれていますが、会場に行ってみると明らかに紙で提出が良い感じです

※タックスインボイスの印刷は必要な方だけで大丈夫です 4桁のPIN番号はいつでも分かるようにスクリーンショットを取っておくことをおすすめします

 

検体採取のPCR会場を決めよう

こちらのサイトで フィルターのTravel to Japan にチェックを入れて検索↓

DOUGLASS HANRY MOIR PATHOLOGY

https://www.dhm.com.au/locations/

 

朝7:30からやっているオペラハウスやボタニックガーデンから近い下記のPCR会場での検体採取に決定します

f:id:selection3:20211228192208j:image

f:id:selection3:20211228194134j:image

この施設は旅行者用の検体しか採取しないので 他のPCR会場より来る人が限られます

感染者が多く、PCR会場が混み合う時期には特におすすめです

感染者が少ない時期は、どこでも待たずにPCRを受けられます

待ってもいいから ドライブスルー形式がいい場合は フィルターのドライブスルーにもチェックを入れてみて下さい

Auburn や Macquarie のドライブスルーPCRも普段は並ばずスムーズです

しかし感染者が多い時期はこの会場も大変待ちますので覚悟が必要です

ちなみにご参考までに

8:10 会場に到着

↓1時間外の列に並んで待つ

9:00 建物内に入れる

↓15分さらに並ぶ

9:18 受付

9:26 PCR完了

の流れでした

厚生労働省の所定フォーマットは印刷して持参する必要はありません 会場側がすでに用意してあります

 

陰性証明書を印刷しよう

朝9:21に検体採取 → 同日の19:19にPCRの結果を知らせるSMS着信

有料のトラベルPCRは結果が迅速に結果が受け取れます

ただ今回は もらえるはずの 厚生労働省の所定フォーマットの陰性証明書PDF だけ結果連絡の際に添付されていなかった為 メールで問い合わせて催促をしました 

こちらも対応は早く 問い合わせ翌日朝には 厚生労働省の所定フォーマット の 陰性証明書PDF も届きました

こちらもOfficeworksなどで印刷すればOKです

この陰性証明書はパスワードロックになっていないので PrintMeでのセルフ印刷も可能です

印刷の際の注意として 面倒だからとスクリーンショットの印刷はNGです

必ずPDFをダウンロードして紙に印刷して下さいね

印刷書類は今回は3枚です

・英語表記の結果2枚

厚生労働省の所定フォーマット1枚

これで日本入国の最大関門の書類は突破しました!

 

こんなに手間暇かけたのに、シドニー空港での搭乗手続きではさらーっとしか確認されません

搭乗手続きもあっという間です

用心して早めにシドニー空港入りする方は お見送りの方に少し待っていてもらえば まだゆっくり時間を過ごせますよ

※2020年のように 搭乗者以外空港建物内立ち入り禁止はありません

 

本当に全てが一苦労なので 気軽に日本へとは行きませんが ぬかりなく準備して無事に日本にご入国下さい

最後に日本到着前にやっておくと良いことのまとめです

MySOSアプリ

COCOAアプリ のダウンロード
クリアファイルの準備(各種書類保管)

ペンの準備

 

お気をつけていってらっしゃい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本 からの シドニー への 観光再開

f:id:selection3:20211218221757j:image

祝!!2021年12月15日から(旧:2021年12月1日から) シドニー メルボルン キャンベラへの観光がオーストラリア入国後の隔離なしで再開されましたね

日本国籍で日本が出発地なら 観光の方やビジネス出張の方 ワーホリの方や留学の方も入国可能になりました

しかし一筋縄では行かない数々の諸条件...

旅行で来る場合 お仕事をされている方ですと

以下の①〜⑥のポイントをクリアした方になりそうなので

事実上 みんなでオーストラリアに行くぞー!という感じではないかもしれません

 

情報最終更新日:2022年1月2日(日)

 

隔離なしで シドニー に 入国 するなら

感染者増により 日本からの入国でも1)と4)の2つの義務あり(廃止:1)〜5)の義務あり(罰金制度あり)

1)ワクチン完全接種者であればRAT検査(抗原検査)を到着後24時間以内にすること その陰性結果を受領後自由行動可

(RAT検査は無症状感染者からはウイルス検出が難しいですが)

https://www.health.nsw.gov.au/Infectious/factsheets/Pages/recent-vaccinated-arrivals-guidelines.aspx

(廃止:入国時72時間は空港から直接 家族もしくは滞在先に向かい自主隔離廃止:2021年12月21日から到着後PCR陰性結果が出たら自由行動可)

(廃止: 2)到着後24時間以内にPCRを受けに行く(無料 予約不要))

最新情報

到着時にコロナの諸症状を感じている方対象

(廃止:到着したら最短でPCRをドライブスルーで受けたい方は空港の駐車場で受けれることになりましたよ!)

f:id:selection3:20211219094246j:image

▪️場所

到着ロビーから お迎えが来ている人がよく利用するExpress Pick upという15分間無料駐車場横

▪️費用

無料

▪️備考

一度お迎えの方の車に乗る→駐車場を出る→駐車場周りをもう1周→PCR用のレーンに入れます

 

到着後まずは帰宅したい方 ドライブスルーで受けられない方

https://www.dhm.com.au/locations/こちらで探せますよ↓

日本への入国用PCRの検体採取も検索フィルターでtravel for Japanにチェックを入れば可能な場所が分かります(シドニーPCRについては別記事にてお知らせ致します)↓

https://www.dhm.com.au/locations/

(廃止: 3)陰性の連絡が来たら72時間後は自由(陰性証明は持ち歩くこと))

4)到着後6日目にまたRAT検査をする(旧:PCR検査を受けに行く(無料 /予約不要))

(廃止: 5)到着後12日目にもPCRを推奨(無料 予約不要)※滞在先家族、メンバーはワクチン2回接種済なら行動制限なし)

※詳細はこちらを参照下さい

https://www.nsw.gov.au/covid-19/travel-restrictions/international-travel-rules#toc-get-tested

 

①ワクチン完全接種済

ただし未接種の17歳以下の人は接種済の人と一緒なら大丈夫

 

ETAという観光ビザを取得(有効期間:3ヶ月以内)

Australian ETA とお手持ちのスマホで検索し、ダウンロードして下さい

パスポートの顔写真ページをスマホでスキャン

滞在先住所や連絡先等を入力すれば パスポートの顔写真つきビザがあっと言う間にアプリに出来あがり

費用:20AUD(カード決済)

 

③航空券に合わせた職場の休みが取れる

ANA JAL→便数が限られている 往復約15万〜20万円

カンタス →2021年12月19日から運行再開

 

④日本→オーストラリア用PCR陰性証明

搭乗する飛行機の出発予定時刻3日以内/乗り継ぎ便の場合は最初の飛行機が基準

no more than 3 days before the scheduled departure time of your flight (or your first flight, if you have one or more connecting flights booked for your travel to Australia).

費用 : 15,000円〜30,000円前後(航空会社経由で申し込むのがお得なプライスになるようです)

実際に利用した病院 : 神田北口診療所

こちらの医療機関はいつもの身近なキチンとした病院が、旅行用PCRも始めました という点が最大の安心ポイント 医療機関としてしっかりと

具体的に認められる内容としては

【OK】

咽頭ぬぐい液によるPCR と 唾液採取によるPCRのどちらも認められます

respiratory sample or saliva 

・陰性証明はできれば英語で(←と言われても念には念をと英語表記で用意しますよね...)

The following information must be in your test result record. If possible, this should be in English.

陰性証明書:紙媒体 と デジタル のどちらも可

陰性証明明記必須5項目医療機関指定なし

以下の5項目が書いてあれば大丈夫です

1.旅行者氏名

traveller name

2.誕生日

date of birth (誕生日が不明な方→age at time of test or passport number accepted, if date of birth not listed)
3.判定結果

the test result (such as ‘negative’ or ‘not detected’)
4.検査方法

the test method used, for example, COVID-19 (or SARS-CoV-2) PCR test
5.検体採取日 

the date of collection for the COVID-19 PCR test

 

【NG】

・「迅速抗原検査」Rapid Antigen Tests (RATs)

15分程で結果を出すもの

・「抗体検査」serology tests 

過去にコロナに罹患したか否かを判定する検査

 

⑤オーストラリア入国の少なくとも72時間前までにATDと言われる申請を完成させる必要あり

Before you travel to Australia, you should complete the Australia Travel Declaration (ATD) at least 72 hours before your departure for Australia.

・費用:無料

・方法:Australia Travel Declarationのアプリかwebから

ここに少なくとも72時間より前と書かれているので、忘れないうちにアカウントを作って入力しておこう と思うものですが、アカウント自体はいつでも作れますが、フライト情報は出発日の7日前からしか入力できません

フライト情報や隔離期間の必要の有無やワクチン接種状況などを入力し、送信すると、完了メールが届きます(届かない時は「迷惑メール」を確認)

そのメールの色は3種類あり、色により隔離に対しての案内が違います

緑色 →隔離なし か 自宅隔離の事前承認

青色 →(砂時計マーク付き)到着時隔離要

赤色 →(✖️マーク付き)航空会社が搭乗可否を判断し、もし「搭乗可」となった場合は到着後隔離要

 

⑥オーストラリア→日本用PCRの陰性証明書

条件:

72時間以内に検体採取

咽頭ぬぐい液でのPCRに限る

厚生労働省の書式に記入してもらい紙媒体にて提示

費用:145AUD〜300AUD

※こちらの陰性証明書取得方法については別記事にてup予定

 

ハイヤーやレンタカー、家族等のお迎えで自宅まで帰宅出来る方

例)ハイヤー 羽田空港→東京23区12000円〜

 

⑧オーストラリア→日本へは、12月24日より到着日翌日からカウントして最初の3日間(旧:3日間→6日間→12/23)は強制隔離+14日目までの自宅もしくはホテル隔離(旧:日本帰国時14日間待機可能な方)

つまり在宅勤務可能な方などになりますよね/自主的PCRを受ければ10日間に短縮は中止(旧:自主的PCRを受ければ10日間)

f:id:selection3:20211126190918j:image

費用も手間もかなりかかる為 留学やワーキングホリデーやビジネス出張がメインになってくるかとは思いますが この時代においては大きな前進だと思いますので 是非ご参考頂き 卒業旅行や久々の海外旅行を計画されてみてください

f:id:selection3:20211126201633j:image

最後にシドニーはコロナ大丈夫なの?と思われている方にお伝えできる肌感覚としては

シドニーの繁華街やウォーターフロントで肩が触れ合う程に混む場所がむしろ見つからない(クラブなどを除く←12/12段階として追記:クルーズパーティ、クルーズ内クラブのノーマスクでの参加により感染者増えてます。バックパッカーホステルは感染者により丸ごとロックダウンされています)

・飲食店にはテラス席がある または 増設されている

・オフィスに人が戻りきっていないので 繁華街もコロナ以前の60%ほど

・比較的慎重な国民性のため マスク着用のかたが予想より多い

(まわりに人がいなければ、マスクをはずして シドニーの空気感を感じてくださいね アジア人がはずしてる なんていうこと思う人もいませんし マスク警察もいません)

・ソーシャルディスタンスを保つ感覚が身についている 

・ワクチン2回目接種率が92%以上...(12歳から15歳も接種が増えています...高齢者や早く接種した方々のブースターが始まっています...

f:id:selection3:20211126191343j:image

今は全ての屋内ではマスク着用必須

乗り物もマスク着用必須

という全てを総合して 安心して暮らしています

f:id:selection3:20211126194951j:image

日本がこの時代に驚くほどよい状況になっていて本当に良かったです!!

f:id:selection3:20211126194850j:image

 

英語表記の部分はこちらの2つのwebから

 

https://www.health.gov.au/news/health-alerts/novel-coronavirus-2019-ncov-health-alert/coronavirus-covid-19-travel-and-restrictions/international-travel-and-covid-19/coronavirus-covid-19-faqs-international-travellers-to-australia#travelling-to-australia

 

https://covid19.homeaffairs.gov.au/australia-travel-declaration

 

オーストラリアが入国時に認めているワクチン

シドニー日本国領事館のメールより抜粋

2回接種
アストラゼネカ(AstraZeneca Vaxzevria)
アストラゼネカ・コビシールド(AstraZeneca Covishield)
ファイザー(Pfizer/Biontech Comirnaty)
モデルナ(Moderna Spikevax)
シノバック(Sinovac Coronavac)
コヴァクシン(Bharat Biotech Covaxin)
シノファーム(Sinopharm BBIBP-CorV)

1回接種
ジョンソン&ジョンソン(Johnson&Johnson /Janssen-CilagCOVID)

 

 

 

 

2021 ハロウィン から クリスマス へ

シドニー の10月終わりから11月中旬にかけてはジャカランタの花が街を彩る季節

f:id:selection3:20211114092033j:image
f:id:selection3:20211114092036j:image

f:id:selection3:20211114092632j:image

シドニーは今年も涼しい日が多く、最高気温はちょうど今の東京くらい

そしてなぜだか近年、強風の日が増えています

ボタニックガーデン

26℃くらいの日になると、外でのんびりくつろぎたくなるものですよね

最近はピクニックスタイルのおしゃれ女子会が盛んに行われています

f:id:selection3:20211114092636j:image

10月31日はハロウィンでしたね

絵本や映画の中から出てきたようなかわいい子供たちが、魔女やお姫様になって地域を練り歩いていました

タウンハウスにお住まいの方々は、玄関先に毛糸で蜘蛛の巣を本当に手で編み、ディスプレイに励んでいましたよ

f:id:selection3:20211114093956j:image
f:id:selection3:20211114093952j:image

マーティンプレイス

毎年恒例のクリスマスツリーは11月半ばはまだ出ていませんが、ジョージストリートの店々はイルミネーションで華やいでいます

f:id:selection3:20211112103022j:image

f:id:selection3:20211112103008j:image

ヘイグスチョコレート

今はショーウィンドウにハンパーというクリスマスの贈り物セットが美しく紹介されています

オーストラリアの方にはチョコレートは生活の一部となっていて、ショーケースに美しく並んだチョコレートの中から3粒だけ買って楽しむというのもよくある光景です

ハンパーはチョコだけ限らず、ジャムやクラッカー、シャンペン、オリーブなど色々な食品を詰め合わせたクリスマス定番ギフトセット

たっぷり入っているので、年末年始に向けてゆっくり楽しめて大好きな贈り物です
f:id:selection3:20211112103026j:image

ダーリングハーバー

今パーティーが盛んに行われています

男性も女性も着飾って、街が華やぎ笑顔が溢れてとっても良い雰囲気です

f:id:selection3:20211119192422j:image

f:id:selection3:20211113221548j:image

f:id:selection3:20211113221808j:image

カスタムハウス

サーキュラーキー や オペラハウス周辺もだいぶ活気が戻ってきました 
f:id:selection3:20211113191947j:image

ピアモントユニオンスクエア

こちらはダーリングハーバーからフィッシュマーケットに歩いて行く途中にある広場です

近くに Quick Brown Fox Eatery という人気のカフェやThe Starというホテルもあり、ヨーロッパの素敵な街角といった雰囲気がここの魅力

カフェは夜になるとタコス店に変わり、開放的な空間でお酒も楽しめる穴場スポットに

f:id:selection3:20211113223527j:image
f:id:selection3:20211113223530j:image

最近のNSWのコロナの様子としては、ワクチン1回目94.2%、2回目91.1%という状態の中、212人の感染者です(、ますます義務とは言わずにワクチン義務のような囲い込みは進み、予想よりシドニーの人々は慎重なので、完全謳歌型の方もいますが、屋外でもマスク着用の方が多いんです

よい感じにバランスをとりながら、楽しいクリスマス、年末になったらいいな〜と願ってます

2022年からまた旅行が始まりますが、オーストラリアで結婚式ならジャカランタの季節もオススメです

芝生の上に紫の花びらの絨毯

それだけで気分があがります!!

 

 

 

 

シドニー 観光再開 と ヒルトンシドニーの隔離生活

シドニー のある ニューサウスウェールズ は10月11日からロックダウン解除が本格的に進み今は街に海にホテルにと人々が戻りつつあります

2021年6月末 オペラハウス

f:id:selection3:20211015122740j:image

2021年9月19(日)

自宅から5キロ圏内に限られた人数限定のピクニック(ワクチン2回接種済み対象)

f:id:selection3:20211026050309j:image

2021年10月11日(月)

ロックダウン解除初日 ダーリングハーバー

f:id:selection3:20211015140625j:image

f:id:selection3:20211015140605j:image

2021年10月16日(土)

f:id:selection3:20211026113818j:image

2021年10月30日(土)

f:id:selection3:20211030144518j:image

ザ・ロックス 車道を1車線分テラス席にして

f:id:selection3:20211030144227j:image

2021年11月1日からは隔離なし入国が始まります

最近の様子は 船上パーティー クラブ 女子会 ハロウィンパーティー などでおしゃれをして集まる人は No maskで集っています

おしゃれをしていても カップルのみ で行動している方などはマスクをしている確率が高いです

そして 他の方々は マスク着用ルールは屋外では義務化されていませんが、人が近くにいる時は大体マスクをして歩いています

今後、イギリスやシンガポールのように 軽症 無症状感染者が多くなるんだろうなぁ と思っています

11月から3大スーパーのcoles や woolworths で 抗原検査キットの販売が始まり、陽性が出た場合はPCRテストを受けに行く流れになります

さて、今となっては貴重な思い出 となった

ヒルトンシドニー での 14日間 隔離ホテル生活

を写真で振り返っておこうかな と思います

 

メルボルンの 吉越弁護士 のお力のお陰で、2020年12月になんとかシドニーに戻ることが叶い、本当に感謝しております。

弁護士事務所はこちら↓

http://www.yoshikoshi.com.au/about_usjapanese.html

オーストラリアで日本人の有能できめ細やかなご対応が頂ける弁護士さんをお探しの方におすすめ致します

 

羽田空港第3ターミナル:国際線ターミナル

よくある、新空港開港にあたりプレオープン時の様子みたいですね

f:id:selection3:20211015131213j:image

f:id:selection3:20211015131204j:image
f:id:selection3:20211015131218j:image

日本の空港は本当に広くて、楽しくて、綺麗
f:id:selection3:20211015131200j:image
f:id:selection3:20211015131209j:image

ほぼ閉まるお店の中、次に日本に入れる日を心配するあまり、搭乗口近くの売店で最後の買い溜めしてしまいます

2020年11月 奇跡的にJALの各フライト日に1席ずつ空きが出てエコノミーの座席を確保!280,360円 

ファーストクラスラウンジを利用させてもらい ほぼ空席のエコノミーに着席

f:id:selection3:20211030170142j:image

飛行機の中はガラガラですが、寝る時間になると色んな席から人が横になりにやってくるので、なんだか意味無いなぁ

しかも、シートの上に置かれた未使用のプランケットや枕を床に投げ出すので、これもモヤモヤしてしまいました

朝日の中 久しぶりのシドニー上空を見た時には、なんとも感慨深いものが

f:id:selection3:20211015133420j:image
f:id:selection3:20211015133506j:image

シドニーに到着後、オーストラリア軍の方々と警察のお世話になりながら、ミステリーツアーの始まりです

到着までどのホテルになるかは分かりません

角を曲がるたび、「あっ、あのホテルかもっ」「通り過ぎた...じゃあ次はあそこか?!」とハラハラドキドキ

久しぶりのシドニーには、感染者ゼロの平和な朝の風景がありました

f:id:selection3:20211015133310j:image

f:id:selection3:20211015141451j:image

バスはジョージストリートのヒルトンホテルに到着
チェックイン時、警戒しながら受付してくれるホテルスタッフとの間に アクリルパーテーションとロープの仕切りはあるものの、どこまで近づいていいのか分からなかったオーストラリア人帰国者が近づき過ぎたその瞬間、鋭くソーシャルディスタンスを指摘され、怒って機嫌悪くした帰国者は 最後まで空中を見てチェックイン時の質問に答えていました...

こちらが 3000ドル で暮らしたお部屋です

f:id:selection3:20211015143637j:image

f:id:selection3:20211015133235j:image

素敵です♪

f:id:selection3:20211015143941j:image

コーヒー、紅茶も大量に用意されていました
f:id:selection3:20211015143928j:image
f:id:selection3:20211015143948j:image

シャワールーム
f:id:selection3:20211015143951j:image
f:id:selection3:20211015143933j:image

シドニータワーが見え、この時はまだ観光気分
f:id:selection3:20211015143944j:image

眼下にQueen Victoria Building

さぁ ここから14日間が勝負です!
f:id:selection3:20211015143937j:image

シャワーを浴びたらロビーで頂いたセットで一息
f:id:selection3:20211015133425j:image

お掃除グッズも渡されます
f:id:selection3:20211015133357j:image

ミルクや砂糖のストックも大量に
f:id:selection3:20211015133334j:image

食事はさすがヒルトン

f:id:selection3:20211015133314j:image
f:id:selection3:20211015133211j:image

毎食毎食、目と味覚で楽しませてくれます

朝食時、コーヒーをオーダーすることも可能で、皆さん結構頼んでました
f:id:selection3:20211015133429j:image

このスナックみたいな小袋は、サラダにかけるナッツいりシーズニング
f:id:selection3:20211015133350j:image
f:id:selection3:20211015133215j:image

配膳は部屋のドアすぐの床に黒トレーがおかれ、その上にBOXが置かれます

ノックされたら10秒待ってからドアを開けます

これならスタッフの方とも会わないで済みますね

f:id:selection3:20211026121309j:image

f:id:selection3:20211015133342j:image
f:id:selection3:20211015133534j:image

昔はオーストラリアも日本人観光客が多かった為か、今は珍しい日本語表記もありました

f:id:selection3:20211015133548j:image

ヒルトンホテルって本当に素晴らしいなぁ 毎日毎日こんなにベストを尽くして提供してくれるなんて

なんて素敵なんでしょう♪ と毎日感動です

f:id:selection3:20211015133551j:image
f:id:selection3:20211015133432j:image
f:id:selection3:20211015133503j:image
シャンプー、リンスはMagicという連絡先を押して廊下に補充分置いていかれる仕組みでした

スタッフさんの仕事が増えるので最初から2週間分用意頂いた方が楽だと思うんですけどね
f:id:selection3:20211015133525j:image
f:id:selection3:20211015133510j:image

野菜やフルーツが大好きなオーストラリア人に合わせて、メニュー構成がとってもヘルシーで嬉しい限りです
f:id:selection3:20211015133542j:image
f:id:selection3:20211015133318j:image
f:id:selection3:20211015133454j:image
お酒は自分で追加オーダーすれば、外のお店からも、ホテルレストランからも届けてもらえます

夜のお食事はお酒に合うように、おつまみになるものや、ケーキも用意されていました

f:id:selection3:20211015133529j:image
f:id:selection3:20211015133330j:image
f:id:selection3:20211015133255j:image

ヒルトンのパイ、ほんとうに美味しいです

おいしいパン屋さんで数々食べましたが、こちらのは 上質な味 というのがピッタリです
f:id:selection3:20211015133338j:image
f:id:selection3:20211015133346j:image
f:id:selection3:20211015133247j:image

7日目には廊下にベットリネン、タオルが交換用に配備されます
f:id:selection3:20211015133450j:image
f:id:selection3:20211015133414j:image

人生初のホテルでベッドメイキングは、なかなかプロのようにはいきませんね
f:id:selection3:20211015133219j:image
f:id:selection3:20211015133401j:image
f:id:selection3:20211015133302j:image
f:id:selection3:20211015133306j:image
f:id:selection3:20211015133321j:image

朝は決まってメッセージカードが入っています

素敵な言葉やオーストラリアにまつわるトリビアクイズが書かれていて、気分が上がります
f:id:selection3:20211015133207j:image
f:id:selection3:20211015133228j:image
f:id:selection3:20211015133406j:image
f:id:selection3:20211015133439j:image

単調な毎日の中 異様な話ではありますが、

PCRテストに来てくれる防護服姿の看護師さんたちに会うことが イベント のようなものとなり、まだこの頃は 治療薬もワクチンも無いなかで対応下さった皆様には本当に感謝です

14日間つけ続けたこのバンドもようやく外せます
f:id:selection3:20211030170401j:image

顔も体もパンパンになりつつも、ホテルの外に出た時は本当に幸せでした

脱出時間は、早朝4時から好きな時間を予約する仕組み

同フロアには1人だけ朝4時に出て行った方がいました 気持ちはよーく分かります

全てを自分で選び行動出来る幸せって 当たり前過ぎて普通は感じられないものですけど、この14日間で本当に思い知らされました

もう2度と隔離生活したくない という思いから 今日まで記事に書けずにきましたが、人生にもうこのような事態が起きない事を祈りつつ、まもなく来る11月の国境再開を迎えたいと思います

日本とは2022年2月以降に旅行での往来可能となりそうですね

次回は、オーストラリア滞在中に 買ってみたら美味しいもの をご紹介致します

コロナ時代のウルル観光 観光編 2日目

2日目朝。外気温7℃からでスタートです。

日の出は7:27am予定なので、部屋をほぼチェックアウトできる状態に整えて、7時から近くのImalung Lookout(展望台)に向かいます

f:id:selection3:20210715160108j:image

ひんやりとした空気の中、少しずつ明るい日差しがさしてきました
f:id:selection3:20210715160115j:image

6月初旬は学校がまだある時期なので、比較的ご年配の方々が観光にいらしていました

サンセットやサンライズの時、「写真撮ってあげましょうか?」のお声かけをたびたび頂き、この時代だからこそ、より心あたたまる出来事でした
f:id:selection3:20211013131209j:image

写真を撮って頂いた方とホテルまでの道でお話すると、この後体験予定の、サイクリングでウルルの麓見学をまさに昨日やってきたとのこと
f:id:selection3:20210715160102j:image

結構お尻がいたいよ...楽しいけどね

サドルのデザインが色々あるから選べば大丈夫かもしれないけど...

と、どうも全面的にオススメでもない様子

 

とはいえ、今キャンセルしても$99/人は戻らないので行ってみることに

f:id:selection3:20210715160054j:image

ホテルに戻り、チェックアウトをして、フロントに荷物を預かってもらい、

歩いて5分の場所にある集合場所となる アウトバックイオニアホテル前 で待機します

8:50amに迎えに来てくれるのはHPに載っていた、サイクリング会社専用のこんなバスが来るんだろうな〜と思いこんでいましたら

f:id:selection3:20210820194150j:image

いざ目の前に現れたのは大きなHop on Hop off Bus!

f:id:selection3:20210820201617j:image

※思い込んだだけで、申し込み完了のメールにはHop on Hop offバスで送迎と書いてありました

 

乗車時は、1人1人の氏名、参加ツアー名(申し込みしているなら)、国立公園の入場チケットになるQRコード(スマホ or 紙)をドライバーさんに伝え、リストと付け合わせをしてから乗り込みます

50名程が乗るので、かなり時間がかかりました

さらに、時間がかかる理由の1つに、国立公園の入場チケットも合わせて購入し、提示しないとバスに乗れない。という事を知らずに来る方もいるからです

 

ウルル・カタジュタ国立公園 Park Pass

https://book.parksaustralia.gov.au/passes/uluru/

 

この地を訪れる大体の人は、初めて来た人ばかりなので、仕組みが分からないのも当然です

※サイクリング申し込みサイトには、別途、国立公園のパークパスが必要であることの記載あり

この時も、若いカップルの方、ご年配の方数名が、バスの乗車券は持っているものの、国立公園の入場チケットがなかった為、バスに特別に乗せてもらい、車内からチケット売り場に無線連絡をして手配してもらっていました

f:id:selection3:20210715160128j:image

ようやくホテル前を出発し、20分程ドライバーさんの観光ガイドを聴きながら、国立公園チケット売り場に到着です

 

そしてここでもしばらく待ち時間が発生

6人のチケット支払いがとても時間がかかります

 

よーやくサイクリングツアーの乗り場となる、Ululu Kata Tjuta Cultural Centre 前バス停に着いたのはホテル前集合から1時間後でした

 

そして、バスを降りる直前のアナウンスで聞いた衝撃の事実!!

「帰りのバスは12:55pm出発だけだよ!帰りも点呼とるからね!自力でホテルまで帰ることになった人は必ず連絡してね!」

 

シドニーへ帰る飛行機の搭乗締め切りは14:00...

もうほぼ間に合わない。と不安を抱えたまま、

サイクリング観光スタートとなったのでした

※国立公園内から利用できるタクシーやUBERなどはありません

 

計画段階では予想出来なかった事が多かったので、ここで「ウルル訪問まとめ」

 

1.平常時レンタル料金なら、レンタカーが断然オススメ!

レンタカーで移動し、国立公園のチケットのみ購入。車を各所で停めながら、気になる場所だけ徒歩で見学

ただし、観光パンフレットに載っていない写真撮影禁止となっているエリアは、しっかり歩いてようやく往復できる距離です

 

2.サイクリング、セグウェイを利用して観光する方も、できればレンタカー(ただし平常時料金に限る)

がオススメです

1日の予定を少ないバスに左右されず、自由に時間を組めますし、サンライズ・サンセットも他の展望台に行くことが出来ます

さらにウルル以外の場所も自由に観光できますよね

サイクリングツアーにホテルからの送迎料金も含まれていたとしても、1泊2日で観光にいらした方は

国立公園のチケットを買い、レンタカーで入場、それからサイクリングツアー参加がオススメです

※自転車は好きな時に返却可能です

f:id:selection3:20210715160136j:image

 

レンタル自転車観光の様子

 

Uluru Bike Ride (with transfers) 2021

サイクリングツアーのスタート地点では、優しい2名のスタッフさんから専用タブレットを受け取り、サイクリング前の安全に関する質問に回答をすることから始まります

その後、スタッフさんが選んだ自転車を、体のサイズに合うようにサドルの高さ調節してくれます

ここで注意!!

ママチャリでしたら、片足の靴裏がしっかりつく高さで自分で調節できる仕組みですが、

ここで借りる自転車のサドルは本格サイクリング仕様で調節される為、「片足つま先が地面につくかつかないか」の高さに、工具を使って調節されます

しかし、体験者として感じたのは、もう少し片足が地面につくくらいに調節をしてもらった方が、疲れて来た時に、パッと止めれて安心です

ガタガタ地面の道を1周約9キロを乗るとかなり下半身にきます

しかも、ここで借りれる自転車は、一漕ぎでよく進むのもあれば、人の倍漕がないと進まない自転車もあります

また、ただ走っているだけなのにチェーンが一度外れました

そんな時も周りに助けはいないので、自力で直すしかありません

ですので、チェーンの付け方を調べておくか、出発前にスタッフさんの連絡先を必ず聞きておきましょう!

※申込書に現地スタッフさんのスマホ連絡先記載なし

f:id:selection3:20210822150725j:image

快晴、無風の日でしたが、ウルルの麓は、ホテルエリアよりやや風があり、気温も低め

さらに昼頃までは寒いので、中は薄着、上着に小さく収納できるダウンを着ていくとちょうどいい感じです

ハエもいないのでネットや虫除けは不要

走り始めるとそびえ立つ赤い岩肌と青い空だけの景色が美しく、魅力的で、あっという間に半周です

f:id:selection3:20210822150731j:image

f:id:selection3:20210822151616j:image
f:id:selection3:20210822151629j:image
f:id:selection3:20210822151638j:image
f:id:selection3:20210822151603j:image

f:id:selection3:20210822151622j:image
f:id:selection3:20210822151610j:image

※途中写真撮影NGエリアあり

後半半周から楽しいですが、足の疲労は知らない間に溜まり、終わった後には更にきます

理想を言えば、サイクリング会社のバスがスタート反対地点で待機していて、そこで自転車を返却し、残りの行程はバスで見学。くらいが良い感じですが、地形的に無理ですので、体力に配慮したプランでサイクリングをお楽しみください

 

帰りの飛行機時間が気になっているので、返却時間より1時間早く全周まわり終え、自転車を返却。

しかし、ホテルエリアに戻る方法は何もないので、もう1泊することを覚悟して、せめてもの努力として、帰りのHop on Hop offの先頭座席に座りました

 

ホテル到着後、宿泊していたホテルのフロントまでダッシュしましたが、空港⇄ホテル間の無料シャトルバスはすでに行ってしまったので、フロントの女性に相談したところ、ホテルスタッフがバンで空港に連れて行ってくれることに

(チップはお支払いしたものの、たまたまスタッフさんがいただけの話ですので、あてにされませんように)

 

シドニーに戻る日に、サイクリングやアクティビティを入れるなら、Hop on Hop offバスの時刻表、さらに、宿泊ホテルから空港までの無料シャトルバスの時刻表を事前確認してから予約することを強くおすすめ致します

※Hop on Hop offバスは、時期により時間も本数も違うようです

 

2日目は朝から楽しいながらも、後半ハラハラで怒涛のごとく時間が過ぎて行きましたが、やっぱりウルルは行って良かったですよ

 

もともとアナング族の聖地に登る気は無いので、いつでもいいかと先延ばしにしている中、コロナが入り込まず、絶対にロックダウンされない州に遊びに行こうと決め、今回訪れましたが、本当に楽しかったです

今でもあの星空、岩肌、自転車で駆け抜けた楽しさが甦ります

まだ行ってないけれど、ウルルに登れなくても本当に楽しいかな...と思われている方がいらっしゃいましたら

雨の日が少なく、ハエが少ない6月、7月に是非予定を入れてみてください

 

そしてこの2週間後に、コロナゼロで安全だと信じていたニューサウスウェールズ州シドニーに、第一号のデルタが入り込み広がり、魔の107日ロックダウン生活が始まりました...

長かった...

これをアップしている今はロックダウン解除3日目

近々、最近の様子もお知らせ致します

 

 

 

 

 

 

コロナ時代のウルル観光 観光編 1日目

NAIDOC (National Aborigines and Islanders Day Observance Committee)weekのシドニー ダーリングハーバーの夜景

※NAIDOCとは、オーストラリア先住民とトレス諸島民の歴史や文化を7/4-7/11まで祝う1週間。

ホテルはオーストラリア先住民の国旗模様にライトアップ

シドニーは6/25からロックダウンスタート。現在さらに規制を強化し、3週目に突入です

f:id:selection3:20210709223426j:image

それでは前回の「準備編」に引き続き、1日目観光の様子をご覧頂きます

シドニー空港は人も少なく快適なスタート

f:id:selection3:20210709224936j:image

往路3時間35分の旅

f:id:selection3:20210709231247j:image

飛行機の座席は左側ABC側の席がオススメです

f:id:selection3:20210713214225j:image

到着前に上空から見えてきました〜!

と、ワクワクして空港に降り立つと、第一関門が...

f:id:selection3:20210710130811j:image

まずウルルのあるノーザンテリトリー(準州)は、手荷物でのフルーツ、野菜持込禁止。となっていますので廃棄BOXへ

続いてロビーに進むと、警察や係員が書類をチェックすべく待ち構えていました

ここでは、シドニー出発前日にJet StarからSMSで連絡があった、ノーザンテリトリーに入る28日前はどこに滞在していたかを入力するチェックシート提出します

(スマホ保存でOK。チェックシートのナンバーを口頭で伝えれば、係員の方がPCで確認してくれます)

そしてさらに驚きの確認作業

到着日28日前までに、本当にメルボルンに立ち寄っていないのか、住んでいなかったかを証明しなくてはいけないのです!

※6月初旬のシドニーは、コロナ感染者がずっとゼロでしたのでマスクなし、パーティーOKの平和な生活。反対に、メルボルンはロックダウンでした。

どうやって証明すればいいのか戸惑っていると、係員の方から、銀行カードの履歴、クレジットカードの履歴、地図の移動履歴など... と提案があったので、日常スーパー、レストランの決済で使う、銀行のデポジットカードの履歴を見せるべく、インターネットバンキングにログイン

その後、本当に1つ1つの利用履歴を確認されていました。

偶然かもしれませんが、その係員の方はシドニー在住の方でしたので、履歴を遡りながらシドニーのお店を懐かしんでいました。一時的に他地域在住者を雇用しているなかな?

この確認作業を全員分。本当に大変ですよね...

お分かりの通り、待ち時間は長い列になるため、飛行機を降りる前にお手洗いを済ませておくことをオススメします

現地空港はロビーは小さく、全ての確認作業が終了したあとに、空港トイレに入れる動線となっていました

ようやく終わると、ロビー出てすぐの、シャトルバス(乗り場看板にてホテル名確認要)に乗り込みます

シャトルバスの名前:Ayers Rock Resort Shuttle

(エアーズロックリゾートシャトル)

運行時間:10:30-深夜0:30am

運賃:無料

停車は全てのホテル 及び キャンプグラウンド

 

シャトルバスに乗り、エアーズロックリゾートと呼ばれる、ホテル群に向かいます。バスの中では運転手さんがこのエリアの紹介に始まり、さらに各ホテル到着前に、リゾート内を1周バスで周り案内してくれます

f:id:selection3:20210713214619j:image

帰りにホテルから空港までもこのシャトルバスで移動します

20分間隔で運行しているので、事前に帰路乗車予定を考えておくことをオススメします

f:id:selection3:20211013200015j:image

 

こちらが今回宿泊した

EMU WALK APARTMENT 

センスよく清潔です。清掃が行き届いています

入口正面から様子
f:id:selection3:20210713214625j:image

入口はいり右手のキッチン
f:id:selection3:20210713214614j:image

塩、胡椒、キッチンペーパー、アルミ箔少し。などを持参すると便利です。近くのIGA(スーパー)に何でもありますが、滞在期間が短いと余らせるほうが多いですよね

f:id:selection3:20210713220128j:image
f:id:selection3:20210713220116j:image
f:id:selection3:20210713220135j:image
f:id:selection3:20210713220122j:image

こんなに何も無い地帯に、リゾートできるように素敵なインテリアのお部屋を造ることを考えれば、1泊600AUDは高いけれど、妥当かな。といった感じです
f:id:selection3:20210713214657j:image

エミュ ウォーク アパートメントは、ウルルを眺められる展望台まで徒歩5分の近さなのでオススメです
f:id:selection3:20210713214634j:image
f:id:selection3:20210713214646j:image
f:id:selection3:20210713214651j:image

f:id:selection3:20210713221635j:image

建物外観はまさにモーテルですが、中はご覧頂いたとおり、リフォームされているのでご安心下さい
f:id:selection3:20210713214642j:image

2階の310号室でした
f:id:selection3:20210713214629j:image

ここで、あるあるのアリ、ハエ問題について

海辺のアパートメントやホテル、ウルルのホテルでは調理後にちーさな、ちーさなアリがお決まりのように出てきます。

食べ物はアリが出るキッチン台にそのままおかないようにすれば大丈夫です

EMU WALK APARTMENT は網戸ついています。ホテル周辺の6月は、ほんの数匹の小蝿よりやや大きめのハエがいる程度ですのでハエ避け防護ネット等は不要です

こちらは無料で参加できるアクティビティの一覧

f:id:selection3:20211013204924j:image

それではお部屋に荷物を置いたら、ビールを飲みに部屋から徒歩5分の広場やレストラン、カフェエリアへ

f:id:selection3:20210713222051j:image

ここではアボリジナルの方のペインティング ワークショップをやっていたり

f:id:selection3:20210713222019j:image

ディジュリドゥという、長い木の中が空洞になっている笛の体験教室やアボリジナルアート作品販売をアポリジナルの方々がされています
f:id:selection3:20210713222025j:image

お土産屋さん や スーパーIGA

スーパーの商品価格はシドニー シティと変わりないことに驚きです。輸送コストがかかるのに
f:id:selection3:20210713222030j:image

観光に足りない物があっても何でも揃っています。

衣類も全てあります
f:id:selection3:20210713222045j:image

Geckos Cafe

f:id:selection3:20210713223031j:image

リゾート地の食事だし、プライス高めで美味しく無いのかも...と思っていましたが、価格はシドニー シティ、味もシティの人気のパブで食べるようなおいしさでした。ここのカフェおすすめです

f:id:selection3:20210713223020j:image 

マッシュルームリゾット
f:id:selection3:20210713222954j:image

夜は広場もライトアップ
f:id:selection3:20210713223001j:image
朝食用にIGAでローストチキン(11AUD)を購入しておきました。これがバタバタしがちな早朝に大正解!ここのIGAのローストチキンは味付けが美味しいです(シティのwoolworthsやcolesより)

f:id:selection3:20211013204329j:image

それではいよいよ今日のイベント第一弾

サンセットのウルル見学です

部屋から徒歩5分の Imalung Lookout (展望台)は

真っ赤な砂地の小高い丘になっています。

夜や早朝は脚元が暗いので、スマホライトか、ペンライトがあると安心です。

靴は白以外で。靴底は普通のスニーカーで、展望台も、ウルルも大丈夫です

f:id:selection3:20210713223007j:image

 

Imalung lookout

 

Google Map:
https://goo.gl/maps/MXhoMS89nbVsZSmT7

日没1時間前から来るのがポイント。好きな位置からゆっくり写真も撮れますし、記念撮影も楽しめます。

f:id:selection3:20210713230722j:image

f:id:selection3:20210713231317j:image
夕日に照らされ幻想的です
f:id:selection3:20210713230734j:image

f:id:selection3:20210713231437j:image

いよいよ日没の頃

f:id:selection3:20210713223026j:image

サンセットを見届けたら、ホテルまでぐるっと周辺を散歩しながら帰ってみては

f:id:selection3:20210713222949j:image

最高気温24℃/最低気温15℃(23:00)で、風もなく快適な1日。クイーンズランド州ノーザンテリトリーならではの柔らかい空気は、ゆるりと心をほぐしてくれます

f:id:selection3:20210713230716j:image

今回の旅はスマートフォンのカメラのみで撮影したため映像をご紹介できませんが、夜は必ずホテルの部屋から1歩道路に出てみてください。3分歩けば

夜空が驚くほど綺麗です☆

NZのテカポで見た夜空よりさらに星を近く感じました。ずっと見ていたくなる星空は本当に最高なので、疲れていても是非体験してみてください

 

14:30頃からリゾートエリアに入り、あっという間の1日目でしたが、本来でしたらこの地に入ることすら出来ないような場所に、楽しく過ごせる小さな街を造ってくれたことを有り難く思います。

アポリジナルの方々、このオーストラリアの大地に感謝の想いです

 

それでは次回、サンライズ、サイクリング観光の様子をご紹介致します

 

 

 

 

 

 

 

コロナ時代のウルル観光 予約編

2021年5月。シドニーは感染者もおらず、ダーリングハーバーでは綺麗に着飾った女性たちがクルーザーに乗り、船上パーティーが行われるこの時代の楽園のような生活をしています。

f:id:selection3:20210624081157j:image

f:id:selection3:20210624082120j:image

2週間自宅隔離などになると生活が不便になるので、ロックダウンの可能性か少なく、シドニーよりもさらに長く感染者が出ていない土地にそろそろ旅行したい...

 

そこで行き先はウルルに決定!

出発3週間前というウルル観光の手配をするにはかなりギリギリの時期に予約を開始しました

ウルルは2020年以前から早めに予約をしないとホテルが予約出来ない観光地

イメージ的には、荒野のあるエリアだけにシドニーのような生活ができる、小さな町が綺麗に造られている感じです

 

宿泊ホテル

 

5つあるホテルのうち、2021年9月半ばまでは3つのホテルのみ稼働中

参考までに出発3週間前で空いていたお部屋はこれだけです↓

 

5/24-25(月)(火) Sails In Dessert $575

 

5/25-5/26 (火)(水)

Sails In Dessert $575

Emu Walk Apartment $500

 

5/26-5/27 (水)(木)Emu Walk Apartment $500

 

5/31-6/1 (月)(火)

Sails In Dessert $575

Emu Walk Apartment $500

 

6/7-8(月)(火) Emu Walk Apartment $600

6/14-15(月)(火) Lost Camel Hotel $470(客室窓なし)

6/16-17(水)(木) Emu Walk Apartment $600

6/27-6/28(日)(月) Emu Walk Apartment $600

 

海外からのお客様がいなくても、皆さん考えることは一緒なのか、これだけしか選択肢はありません

 

航空券

 

6月7日・8日のEmu Walk Apartmentに決めて、唯一ウルルに飛ぶJet Star AUを予約

1名大人往復約700AUD

※この時代の保険的意味で予約変更可能なチケット

 

レンタカー

 

レンタカーはコロナが始まった昨年より、レンタカー会社が保有車を減らした為、オーストラリア全土でかなり高いレンタル料金

平時であれば1night 250AUDくらいで予約可能なところ、検索すると...

f:id:selection3:20210624124302j:image

この金額では借りれません...

 

そこでレンタルサイクルで観光をしようとweb予約

 

Outback Cycling 

 

f:id:selection3:20210627141546j:image

・料金:99AUD/1Adult

この写真から想像するには、ホテルエリアから、ウルル近くの自転車置き場(cultural centre:カルチャラル センター側)まで専用のバスがレンタル予約開始、終了時間に合わせて運行しているんだろうな

と思い、1泊2日の予定に組み込んでいました。しかしこれがハラハラ、猛ダッシュのラストを迎えることになるのです...

観光編で詳しく説明します

 

そして、忘れがちなホテルエリアから離れたUluruエリアに入り観光するには、必ずこちらのパスが必須です

 

Uluru-Kata Tjuta park passes

 

大人 3日間有効 38AUD

■申し込みHP

https://parksaustralia.gov.au/uluru/plan/passes/

直接HPから申し込むサイクリング観光には含まれていません。返金不可なので、天気をみながら明日ウルルの麓に行く。と決めた前日に予約でもいいですね。大雨でもUluruの麓に行く!と決めている場合は、飛行機のweb check  inのタイミングでもいいかもしれません

 

服装

 

もしかしたらウルルに行く前にField of Lightやサンセットを見ながらお食事会などの広告を見た方で、皆さんが正装でされて楽しんでいる。なんて姿を見たことがある方いるかもしれませんね

 

けれど、実際に行かれると分かりますが、洋服、靴は白は避けた方が絶対にいいです

ほとんどの土地が粒子が大変細かい、赤茶色の砂のような地面なので、ピタッと密着してしまいます

強風が一瞬吹くと、フワーッと舞い上がるくらい軽い粒子です

一例でSound of Silenceというもののイメージ画像

f:id:selection3:20211013202001j:image

これを見ていたら、確かに服何を持って行こうかな?と迷いますよね

でも、ホテルチェックイン時にもらう案内にもしっかり書いてあるんです

「フィールドオブライト、アウトバックカイジャーニーズ、サウンドオブサイレンスを含む全てのアウトドアアクティビティは、スニーカーとロングパンツを着用して行くことを強くお薦め致します」

おしゃれしつつも、洗えて、大自然の中で楽しむイメージを持ちながら洋服選びをされてみて下さい

 

準備に抜かりはなし。あとはシドニーに感染者が1人も出ないことを祈りつつ待ちます

続きは観光編で